2016年12月23日

2016年アイドル曲振り返り・後篇



今年1年をアイドルの曲で振り返る。

後編は、今年発売された曲の中で、
個人的に好きな曲10曲を紹介する。

年内からうすうす気付いてはいたけど
やはり、並べてみると、有名どことしか並んでない曲目になってしまったか...



まず、今年1番グッと来た曲から

Cheeky Parade 「Hands up!」




2人のメンバーのLA留学を迎え、7人の新体制となり第1弾シングル
加えて、カップリングの曲もおすすめ。
来年2月に結成から5年目を迎えるCheeky Paradeの活躍の場が広がるといいなぁ。
新たにメインボーカルに加わった小鷹狩百花にも注目!


前編でも書いたが、
HKT48「最高かよ!」



ミックスがもりもりな曲なのにさわやかな一曲。
新センター松岡はなの素朴な笑顔がよりイイ。


モーニング娘。16’「泡沫サタデーナイト!」




ノリノリな曲だが、聞けば聞くほど、卒業した鞘師里保がセンターであればと感じてしまう曲。
曲自体は好きなだけに、少し残念。


夢見るアドレセンス「ファンタスティックパレード」




結成時は、可愛い推しだったが、今年からよりライブや曲もクオリティが急上昇した気がする。
5人でやってきたが、10月から1人のメンバーが喉の不調で活動休止することの影響を打破できるか⁈


欅坂46「世界には愛しかない」




今年来年と最も注目すべきアイドル、欅坂の2枚目のシングル。
1枚目のシングル同様、力強さのある中に、この曲は青春の爽やかを感じさせる1曲。
来年以降も、アイドル界で重要な立ち回りを見せるであろう。

callme「snig along」




ドロシーからの分裂したグループではあるが、独自の曲に近づきつつあるのかな?


私立恵比寿中学「ゼッテーアナーキー」



アルバム「穴空」の収録曲。ファンからは同様の曲ばっかりでと評判はイマイチらしい。
個人的には好き。いつものエビ中らしく、お気に入りの1曲。


℃-ute「人生はSETP!」



11年にわたり活動してきたが、来年の6月に解散することが決まった。
℃-uteはアイドル界の実力No1だと感じさせる貫禄のある曲。℃-uteだからこそ歌える1曲。


わーすた「いぬねこ。青春真っ盛り」



1周して戻ってきた所謂アイドルらしいアイドル曲。
今更感があるかと思いきや、すぐに馴染んで口ぐさみたくなる曲。


乃木坂46「きっかけ」




乃木坂は透明感が一番あるアイドルで間違いないと思う。
アルバム「それぞれの椅子」のリード曲。年末の紅白でこの曲を歌ってほしかったなぁ…

今年の総評としては、
昨年同様いい曲にもたくさん出会えたが、全体的に印象が薄い年だったかなと。
ただ、いろいろなアイドルがテレビやラジオなど様々なメディアに出る機会が多くなったように感じました。
一方でいくつかのアイドルグループは活動が控えめになったりと、浮き沈みも明確に見えるようになったかな?

今年もこの記事を書き終え、年末年始の仕事に精が出ます。
今年は シングル31曲 アルバム4枚 0回の現場です。

今回の後編と前編で紹介した曲のリストはこちらです。

過去紹介した楽曲の再生リスト:
2015年再生リスト
2014年再生リスト
2013年再生リスト

来年もアイドルを楽しみたいと思います。
また、来年!よいお年をお過ごしください。




ラベル:ブログ
posted by ネプコロ at 22:49| Comment(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。