2015年12月24日

2015年アイドル曲振り返り・後篇



今年1年をアイドルの曲で振り返る。

後篇の7曲


2015年:前篇

avex・STARDUST枠
自分の中で今年1年での勝者はavexだと思っている。CDの売り上げとかライブの動員数ではなく、伸びの印象として。
他アイドルの不振で得た勝ちとも言えなくはないが、勝利だと思う。
もしくは、スターダストかな。

avexから2曲
2グループともavexのオリジナルレーベル『IDOLStreet』の所属
GEM「No Girls No Fun」


ダンス&ボーカルのアーティスト枠とアイドル枠の境界面に存在
曲は嫌いじゃない、カッコいいけど、そんなにガツガツ踊られても素人目には軽く引いちゃう


Cheeky Parade「M.O.N.ST@R」


ナイス。アイドルのカッコよさ、思い切りの良さが詰まってる
如何せん、下品な感じが出てるのが何とも言い難いが

あと気になる点としては、avex所属の同じグループの曲を聞いてると似たような曲しかない
もっと、遊びトカ揺らぎがあってもいいかなと…

スターダストから
私立恵比寿中学「夏だぜジョニー」


スターダストは常に絶妙なヘタウマ感を維持してる。そこが大きな魅力
エビ中の最大の強みの学芸会(ライブ)も見てみたいね


AKBグループ枠
シングルの表題曲はよく耳にするであろうからカップリング曲から選択

AKB48「365日の紙飛行機」


たかみなの卒業シングルのカップリング曲
NHK連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌


乃木坂46「悲しみの忘れ方」


乃木坂ドキュメンタリー映画のエンディングテーマ
13枚目のシングル「今、話したい誰かがいる」のカップリング曲
乃木坂らしい1曲


虹のコンキスタドール「THE☆有頂天サマー!!」


虹のコンキスタドールはイラストのSNS "pixiv"発アイドル。去年結成された
イラスト・コスプレ・声優・振付などの所属があるらしい(詳しくは知らない)
曲いいねと思ったら、でんぱのプロデューサーがついてた。そりゃぁそうだな。
第二のでんぱ組.incになるのかなぁ


ベイビーレイズJAPAN「Pretty Little Baby」


ベイビーレイズJAPANは改名する前から
バカで真っ直ぐなアイドルでライブでガリガリ盛り上がる・元気が出る曲「IDOROCK」を貫く
MVを見ても思うが、グループとして5人のバランスがぐっと良くなっている
見てて気持ちがいいね



前篇の冒頭にも書いたが、今年はぐっとくる曲が少なかったかな…
文章書いても少し淡白な感じになってしまった
今年の総評として
アイドルのブームに乗って広がり過ぎて(母体が大きくなりすぎて)個々が独立したコミニュティを形成し
アイドルとしてまとまった文化ではなくなったにも関わらず、アイドルとしてのジャンルの枠組みからは抜け出せない(抜け出ないようにしている)
このため、なんかちぐはぐなイメージをもった

とはいえ、アイドルの曲は聞いているわけであって、いろんな活躍をみれて今年も楽しかった。
来年以降も楽しみです。

これを書き終え、正月のバーガーもおいしくいただけます。
今年は シングル19曲 アルバム3枚 0回の現場です。

また、来年!よいお年をお過ごしください。


YOUTUBEの2015年 再生リスト
2014年振り返り:前篇中篇後篇
2013年振り返り:前篇中篇後篇



posted by ネプコロ at 17:03| Comment(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。