2015年12月17日

「フードチェーンマグネイト」やったった


「オレンジジュース?客はオレンジジュースを欲しがっているのか?いったい世の中どうなってるんだ?全部のチャンネルで15分ごとにハンバーガーのCMを出したい気分だ。.....(テンデイズ訳)


オランダの変態集団スプロッターの新作
フードチェーンマグネイト
プレイ人数2〜5人 14歳以上 プレイ時間120〜240分
デザイナー:Jeroen Doumen, Joris Wiersinga

A1082_I1.jpg




プレイヤーは企業家としてファストフードチェーンを展開・経営します
従業員を雇い、教育を行い、広告を打ち、商品を作り売り出し、お金を稼ぎます

マップタイルはプレイヤーに応じて大きさは異なりますが、タイル上には道や家が描かれています
2015-12-09 16.31.29.jpg
他にも各家の需要やプレイヤーのお店も配置します

従業員はCEO(プレイヤー)に従事し、それぞれできるアクションを行います
2015-12-09 17.30.17.jpg
最大3段のピラミッド型に配置できる 宣伝の仕事中の人は脇に置いておく("多忙"状態)

ゲームの流れ
1 再構成
 各プレイヤーはこのラウンド中にやりたいアクションの従業員をプロットする
2 ビジネスの順序
 プロットをもとに手番中が決定する
3 9時から5時までの仕事
 手番中にプロットしたすべてのアクションを行う
4 夕食の時間
 前ラウンドの需要をもとに各家がどの店に夕食を取りに行くか
5 給料日
 従業員に給料を支払う
6 販促活動
 宣伝の効果で各家の需要が決定する
7 整理
 ラウンド終了の処理など

行えるアクション
・ハンバーガー(ピザ)を作る
・ドリンクの駒を得る(コーラ/ビール/レモネード)
・宣伝を行う
・別の従業員を教育する
・従業員を雇う
・値段を下げる などなど

重要なポイントとして「マイルストーン(実績)」
全部で18個ある実績 最初に○○をしたら貰えるなど
その実績を持っていると、商品を売るとボーナスがつくなど
どのカードも強いが、どれを獲得するかで立ち回り方が大きく変わってくる

ゲーム終了は2回目の銀行のお金が無くなったら
その時に一番多くのお金を持っているプレイヤーが勝利となる

感想

ルールはある程度ゲームを遊んだことのある人なら難しい点はないかと…
テーマとアクションも一致しているため、入り込みやすいかと
ただ、この宣伝の効果の範囲が2だったか3だったか?や
このマイルストーンの効果を忘れてたとか処理が煩雑になりやすく、サマリーは手放せない

さらにルール読んでシンプルだなと思っても、ゲームが始まって何でもできるよ!ってなっても
何をしよーかとスゴく迷う 迷うをほかの人がやることをみたくなる(特にどのマイルストーンをとるか)

個人的には、初手ラス番がやりやすいな ほかの人のを見てからやりたい

ゲームの成長曲線がなかなかいびつでゲーム終了直前は、全員(リタイアしていない)にチャンスがある
なので、油断していると2手番でひっくり返るとこも

実際にプレイしたときは、最終ラウンドの前まで、全然お金を持っていなかったプレイヤーが大量の商品を作り、破格の安売り作戦で街全体の需要を満たし、ゲームに勝利した。なんてことも
ダイナミックにもほどがあるかと、驚いた
1$の値下げをするかしないかで天と地の差がでる 世の中なんてシビアなんだろう

正直フードチェーンマグネイト欲しくなったゎw もうしばらくは手に入らにけど
でも、他のゲームたくさんあるし、できるタイミングが少ないからね
またやりたいなー

従業員カードの進化ツリー見ながら、ルール読むと理解がはやいかな?
2015-12-17 17.06.46.jpg
ボードゲームは本日も営業中。


posted by ネプコロ at 17:12| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。