2014年09月23日

テラミスティカ -プレイ編-



テラミスティカ


エンジニアは、近寄りがたい渓谷や山峡に住む山岳民族です。彼らは、人里離れた自分たちの集落を繋ぐため、橋や参道の建設方法を学んでいます。彼らは技術的手段で自然を支配するのを楽しんでいます。建設計画に夢中になっている彼らの姿は、他の勢力のものには風変わりなものに見えます。(日本語版)



テラミスティカ(terra mystica)
pic1356616_t.jpg
2012年 2-5人 100分

プレイヤーは、14種ある勢力の1つを担当し、支配地域を拡大し、教団の発展と種族の繁栄を目指し、勝利点の獲得をします。最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーがゲームに勝利します。


前回の基礎編の続き

プレイ編


ゲームは6ラウンド、各ラウンドは3フェイズからなります。
@収入フェイズ
Aアクションフェイズ
B教団ボーナスと整理フェイズ


@収入
ゲーム中、すべての収入は手のひらのアイコンで示されています。
収入は全部で労働者駒、コイン、司祭駒、パワーの4種類。

2014-09-24 23.21.02.jpg
勢力ボードの見えている各シンボルの収入を得ます。

さらに、前ラウンドに(1ラウンド目は準備ラウンドに)獲得したボーナスカードと恩恵からも収入が得られます。

Aアクション
スタートプレイヤーから順に、時計回りで、1手番で1アクションを実行する。すべてのプレイヤーがパスするまで、繰り返す。1フェイズ中に任意の順番で任意の回数アクションを行う。
アクションは全部で8種類ある。
2014-09-24 23.18.27.jpg
1).地形の変換と建設

2).船舶の改良

3).スコップとの交換効率向上

4).建造物の改良

5).修道会への司祭の派遣

6).パワーアクション

7).特別アクション

8).パス(と新たなスタートプレイヤー)


1).地形の変換と建設
地形を変換し、その後、住居駒を建設する。
住居駒を建設するには、自分の拠点地形の、空いていて、自分の建物に隣接(直接、間接)している必要があります。満たしている場合、コストを支払い、建設を行います。

住居駒を建設する前に、地形を変換することができます。変換するには変換する前と後の間の、変換サークルで示されたスコップを労働者で支払わなければなりません。1スコップの、労働者の交換比率はサークルの右側に示されています。
2014-09-24 23.19.33.jpg
隣接には2種類あります。
直接:ヘックスの1辺が接するヘックス橋駒でつながっているヘックス
間接:隔てられる河川ヘックスの数が船舶の能力値以下の場合
それぞれ(直接または、間接で)隣接を表す。

2).船舶の改良
2014-09-24 23.19.46.jpg
必要なコストを支払い、船舶の能力値を向上させ、対応する勝利点を獲得する。

3).スコップとの交換効率向上
2014-09-24 23.19.33.jpg
必要なコストを支払い、1スコップと労働者の交換比率を向上させ、6勝利点を獲得する。

4).建造物の改良
建物を1段階改良する。
住居駒は交易所駒に
交易所駒は砦駒か、神殿駒に
神殿駒は聖域駒に改良できる。


5).修道会への司祭の派遣
2014-09-24 23.22.13.jpg
教団トラック下のスペースに司祭駒を1個置く。置いたスペースに書かれた数字分、マーカーを進める。

6).パワーアクション
ゲームボードの下側のパワーアクションを1つ実行する。対応したパワーをトレイVからTに移動(支払い)、実行したアクションの上にアクショントークンを置く。
つまり1ラウンドに1回しか行えない。(早い者勝ちで)

7).特別アクション
パワーアクションと同様に、1ラウンドに一回しか行えず、オレンジ色の八角形で示されている。
砦を建設して空いたスペースにあったり、ボーナスカードや恩恵タイルにも示されている。
実行したアクションの上にアクショントークンを置く。

8).パス(と新たなスタートプレイヤー)
アクションをしたくない、できない場合にパスすることもできます。パスするとこのラウンドでは、もはやアクションを行うことはできません。(ハードパス)
ラウンドで最初にパスした場合は、次のラウンドのスタートプレイヤーになります。

このラウンド持っていたボーナスカードを返し、別のボーナスカードを受け取ります。
特定のボーナスカードは返したときに、勝利点を得るものもあります。


全員がパスを選択するとアクションフェイズは終了します。

B教団ボーナスと整理フェイズ(5ラウンドまで)
このラウンドの処理と次ラウンドの準備をする。

・まず、教団ボーナス(得点タイル右側)を満たしているか確認し、満たしている場合、その報酬を得る。
報酬にあるスコップは次のラウンドに使用される。
・次のラウンドで使用できるように、アクショントークンを取り除く。
・残っているボーナスカードにコインを置く(プエルトリコみたいに)
・得点タイルを裏返し、残りラウンドのみが示される。



6ラウンドが完了するとゲームが終了し、得点計算を行う。
エリアと教団、残ったコインを計算する。
2014-09-22 12.10.23.jpg
・隣接している(直接、間接)建物が最も多いプレイヤーは18点
 同様に2位以下は12点、6点を獲得する。

タイが発生した場合、対応する順位の得点を足し、人数で割る(切り捨て)

・各教団トラックで個別に最も進んでいるプレイヤーは8点、
 同様に2位以下は4点、2点を獲得を獲得する。

タイが発生した場合、対応する順位の得点を足し、人数で割る(切り捨て)

・残ったコインは3コインで1点となる。

最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーがゲームに勝利する。

説明してない詳しいタイルなど、あと種族によっても色々変わる部分もありますが、まあ、ざっとこんな感じ。



posted by ネプコロ at 23:36| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。