2014年09月17日

ストラスブール



ストラスブール


舞台は15世紀のストラスブール。この街の政治は職人ギルドの影響を強く受けていました。
職人たちが、市議会の多数派になることもあったのです。
この時代に、みなさんはこの街に住む新興の一族となり、一族をギルドに送り込むことをめざします。
影響力ポイントを上手に投入することで、徒弟・職人・親方に採用してもらうことができます。
ただし、採用時には、お金も用意しておかなければなりません。
また、貴族や教会の権力も侮ってはいけません。(ホビージャパン訳)




ストラスブール(Strasbourg)
pic951192_t.jpg
2011年 3-5人 60分

中世ヨーロッパの新興一族となり、さまざまなギルドや貴族、教会に影響力を与え一族の名声を高めるゲーム

システムは、単純なカードの数比べでアクションを競り合う。しかし、数比べはラウンドの最初に分けた組を使って行う。適切な判断が求められる。

2014-09-22 09.49.08.jpg
ゲームボードには、市議会とラウンドボード、街エリアの3つの要素がある。

2014-09-22 09.50.51.jpg
任務カード:ゲーム終了時に得点もしくは、失点となる。

2014-09-22 09.52.16.jpg
影響力カード:各プレイヤーは24枚のカードを効率よく分配し、アクションを競り落とす。

2014-09-22 09.53.27.jpg
礼拝堂コマ、建物チップ:街エリアに配置し、名声点を獲得する。

2014-09-22 09.55.07.jpg
コイン、ワーカー、商品タイルなど


ゲームは、5ラウンド、各ラウンドは3フェイズからなります。

計画フェイズ、アクションフェイズ(A〜I)、議会フェイズ

・計画フェイズ
各ラウンドの開始時に、カードを引きます。1枚引き、内容を確認し、さらに引くかどうか決めます。
24枚のカードを5ラウンドで分配しなければなりません。

次に、引いたカードをいくつかの組に分け、裏向きにして置きます。
2014-09-22 09.56.00.jpg
1度決めた組をラウンド中に変更はできません。


・アクションフェイズ(A〜I)
ここで、組にしたカードの数比べを行い、アクションを競り合います。
2014-09-22 09.56.39.jpg
A〜Iまで順に競りを行います。


スタートプレイヤーから順にカードの1組を表にするか、パスをします。
全員の選択が終わったら、数比べをします。組の合計数字の大きい順にアクションの実行をします。
1位のみが行えるアクションや3位まで行えるアクションもあります。
アクションを実行したプレイヤーの影響カードはゲームから取り除きます。1度使ったカードは戻ってきません。
カードを出したのにアクションを行えなかった場合、1枚だけ山札に戻すことができます。
1位になったプレイヤーはすぐにスタートプレイヤーになります。

A:貴族、教会
1位のプレイヤーが市議会の貴族マスに、2位のプレイヤーが教会マスに駒を置くことができます。
2014-09-22 09.57.52.jpg

B,D,F:ワイン、鍛冶、靴、生肉、パンギルド
1位のプレイヤーは@市議会の対応したギルドマスに駒を置き、A対応したギルドの商品タイルを1枚獲得し、B街エリアの対応したギルドマスに駒を1個置くことができる。
2位のプレイヤーは1位のプレイヤーの行った市議会以外のアクション2つを行うことができる。
3位のプレイヤーは2位のプレイヤーと同じ2アクションのうち1つを行う。
2014-09-22 09.59.28.jpg
A商品タイルを1枚獲得する

2014-09-22 09.58.51.jpg
B街エリアに駒を1個置く


C,E,G:商人
1位のプレイヤーは獲得した商品タイルを任意の枚数売却することができる。
タイルに示された額のコインを受け取ります。

※Gのみ市議会の商人マスに駒を置きます。


H,I:礼拝堂、建物の建設
カードの競りはありません。
市議会の教会マスに置いているプレイヤーは、街エリアの空いている任意のスペースに礼拝堂を建設します。

同様に、
市議会の貴族マスに置いているプレイヤーは、街エリアの空いている任意のスペースにこのラウンドの建物を建設します。
2014-09-22 10.00.24.jpg


・議会フェイズ
市議会に置いてある駒の数分だけ名声点を獲得します。
1番多く置いているプレイヤーは、特権タイルを受け取ります。
2014-09-22 10.02.17.jpg
この特権タイルを使うことで、A〜Gでほかのプレイヤーの出したカードを見た後で、カードを出すか決定できる。


以上の計画フェイズ、アクションフェイズ(A〜I)、議会フェイズを1ラウンドとして、5ラウンド行う。

5ラウンドが終わると、ゲームが終了します。

最後に得点計算します。

・町エリアにある駒1個につき、1点
・礼拝堂に隣接している駒1個につき、1点
・建物タイルに隣接(縦・横)している駒1個につき、建物に書かれた得点
・未使用の特権タイル1枚につき、1点
・達成した任務カード、書かれた得点
・未達成の任務カード、−3点
2014-09-22 10.02.25.jpg


任務カードとはゲームの開始時に5枚配られ、そのうち少なくとも1枚残さなければならない。

任務カードには、特定の建物に駒を隣接させて2個以上置くと、6点とか、
単独で多くのコインを持っていると、5点、単独で街エリアに多くの駒を置くと、9点などさまざまある。
得点は3〜12点まである。

得点計算を行い、最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利する。

2014-09-22 10.03.49.jpg


posted by ネプコロ at 23:47| Comment(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。