2011年05月25日

サークル活動記

本日は大学でのサークル活動について


サークルの名前は恥かしながらシド・サクソンの傑作「アクワイア」
と命名。

本日の参加メンバー7人

<メニュー>
まず軽めに「ニムト」を2回
やっぱり初心者でもすぐできるなこのゲーム
インストして、2ゲーム目には割と掴めていた
フリークに育つ人はいるのかなぁ?
110524 001.JPG


次に「ボーナンザ」
なかなかみんないい交渉をしてたな(やや上から)
ただ、慣れてないせいか、時間かかったな。
1時間ぐらいか?こんな長丁場のボーナンザは初めてだった。
110524 005.JPG


一人帰宅し、
最後のつもりはなかったが最後になってしまったが、6人で
「アクワイア」
20110505 082.JPG

名前を借りてるぐらいだから、たくさんしないとな。
2時間程やってたことになるのか?
インストしながらだとだいぶ時間かかるな


結局、4時間3種4ゲーム


正直なところ、
自分にとってはどうしても物足りなく感じた。
みんなはアクワイアやっていっぱいいっぱいッて感じがあった。
どうも惜しい気がする。

前々から思っていたが、やっぱりみんなとの間に熱の差がある。
最近の悩み、みんなに強要しすぎてないか?と
もうちょっとひかえたほうがいいのか?



これだけでは少し寂しいので
発表になった各賞のノミネート作品

・年間ドイツゲーム大賞
「アサラ」(W.クラマー、M.キースリング)
「禁断の島」(M.リーコック)
「クゥワークル」(S.M.ロス)

・年間エキスパートゲーム大賞
「世界の七不思議」(A.ボザ)
「ランカスター」(M.クラマー)
「ストラスブール」(S.フェルト)

・年間キッズゲーム大賞
「その中に虫がいるよ」(C.クライナート)
「小さな魔法使い」( T.ダウム、V.ライトナー )
「モンスターの落とし穴」(M.&I.ブラント)

・推薦リスト
 おばけキャッチ、 ブロッカーズ
 ウルル、 モンド、 髑髏と薔薇
 サフラニート、 太陽海そして砂
 ブルゴーニュ、 ルナ、 フリーズ

発表は6月下旬。
年間ゲーム大賞とエキスパートゲーム大賞はベルリンで6月27日。
キッズゲーム大賞はハンブルクで6月25日。



posted by ネプコロ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。